パーソナルデザイン診断 10/25 0時より【12/1~1/11】分のご予約開始!

16タイプパーソナルカラーとは?【似合う色の特徴とセカンドシーズンがわかる】

本記事では、「16タイプパーソナルカラー診断」について解説します。

  • パーソナルカラーって、16タイプもあるの?
  • 4シーズンの診断結果に、しっくりきてない…

こんな疑問をお持ちの方や、お困りの方にお勧めの記事になっています。

そもそも「パーソナルカラー診断って何?」と思われた方は、こちらの記事もご覧ください。

関連記事

最近、雑誌やドラッグストアでも見かけるようになったパーソナルカラー。 本日は、こちらの「パーソナルカラーの基礎知識」について解説します。 この記事は、初心者に向けて抑えておきたいポイントの内容になりますが、間違った知識が広まってい[…]

サキエルちゃん
私は「ラピスアカデミー修了生」であり、「ラピス認定16タイプパーソナルカラーアナリスト」の資格を取得しています。

twitter(@sachiel_chan)

16タイプパーソナルカラー診断とは?

パーソナルカラーは、「イエベ・ブルベ」のアンダートーンで分けた2分割や、「スプリング・サマー・オータム・ウィンター」のシーズンで分けた4分割が基本になります。

その上で、流派によってさらに細分化したものが存在し、6分割、12分割、16分割、24分割・・・と分かれています。

今回は細分化された中で最も有名である、16分割の「16タイプカラーメソッド®」を説明します。

4シーズン・パーソナルカラーを色の特徴で細分化した進化型

「16タイプカラーメソッド®」は、4シーズン・パーソナルカラーを、色の特徴(色相、明度、彩度、清濁)で細分化した進化型になります。

合計16タイプの色グループに細分化することで、似合う色の傾向を明確にしたパーソナルカラー診断です。

16分割された色グループ

16タイプカラーメソッド ®の16分割された色グループは、こちらになります。(色グループの特徴は後程説明します。)

・Springは、Light / Bright / Vivid / Warm

・Autumnは、Strong / Deep / Muted / Warm

・Summerは、Light / Bright / Muted / Cool

・Winterは、Clear / Deep / Vivid / Cool

「16タイプカラーメソッド®」では、これらの中から1番目に似合う色グループ(ファーストシーズン)と、2番目に似合う色グループ(セカンドシーズン)の二つを診断します。

2番目に似合う色グループは、必ず1番目に似合うシーズンとは別のシーズンから選ばれます。

日本人を含めすべての人種に対応したパーソナルカラー診断

「16タイプカラーメソッド®」が開発された経緯を紹介します。

4シーズン・パーソナルカラーは、実はアメリカで生まれたものです。西洋人(欧米人)向けに作られているため、私たち日本人には当てはめきれない点がありました。

肌・目・髪の色など、すべての色素が薄い(明るい)白人は、同じく薄い色(スプリングやサマー)が似合う傾向にあります。逆に、すべての色素が濃い(暗い)黒人は同じく濃い色(オータムやウィンター)が似合う傾向にあると言われています。

それでは、「明るい肌で、暗い髪・暗い目の色」をしている私たち日本人はどうでしょうか?

西洋人とアジア人は、色素の特徴が異なるため、4シーズンに落とし込むことは難しくなります。

そこで、4シーズンを色の特徴により16分割に細分化し、日本人を含むアジア人にも対応した「16タイプカラーメソッド®」が開発されました。

このメソッドを開発したのは、株式会社ラピスの花岡ふみよ先生(ラピスアカデミー校長)です。

16タイプパーソナルカラー診断のメリット

16タイプパーソナルカラー診断のメリットを説明します。

結論から先に言うと、

4シーズンの診断よりも、似合う色の特徴が分かり、セカンドシーズンも見つかる!

どういうことかを順番に解説していきます。

4シーズンにわけても実は、色の特徴の幅が広い

こちらの図をご覧ください。

例としてスプリングの色を並べましたが、一口にスプリングといっても、こんなにも色の幅があります。

特に両サイドの色グループの差分が大きいと感じませんか?

「黄み」や「くすんでいない」という共通点も勿論がありますが、「明るさ」や「鮮やかさ」に差分があります。

そして、これらが両サイドの色グループにおける最大の色の特徴になります。

■最大の色の特徴
・一番左のグループ:「とても明るい」
・一番右のグループ:「とても鮮やか」

同じ特徴を持つ色は、他のシーズンにも存在する

スプリングの中でも特徴が異なる色のグループがあると説明しました。

一方で、同じ特徴を持つ色グループは、実は他のシーズンにも存在します。

まず図の左側になりますが、シーズンはスプリング・サマーと異なるにも関わらず、色グループの特徴としては「とても明るい」という点が共通していることを示しています。

一方図の右側は、シーズンはスプリング・ウィンターと異なるのに、色グループの特徴としては「とても鮮やか」が共通していることを意味しています。

まとめると、こんな感じになります。

  • スプリングの「とても明るい」色:
    ⇒サマーにも存在
  • スプリングの「とても鮮やか」色:
    ⇒ウィンターにも存在

このように、同じ特徴の色グループは4シーズンをまたいで存在します。

16タイプ診断では、似合う色の特徴とセカンドシーズンがわかる

先の説明の通り、同じ特徴を持つ色グループは4シーズンをまたいで存在しますが、実はこの特徴がお客様に似合う色の傾向になります。

スプリングの色が似合う!というよりは、スプリングの「とても明るい」や「とても鮮やか」といった色の特徴が似合うのであり、またその色は他のシーズンにも存在します。

「16タイプカラーメソッド®」では、4シーズンを細分化して16分割の様々な特徴を持った色グループとすることで、お客様に似合う色の傾向を見つけます。

そして、1番目に似合う色のグループ(ファーストシーズン)と、別のシーズンから同じ色の特徴を持つ2番目に似合う色のグループ(セカンドシーズン)を診断します。

同じシーズン内であることに拘るよりも、とくに似合う色の特徴を知った上で別のシーズンからも似合う色を見つけられるため、色選びの幅が広がります。

16タイプパーソナルカラー診断では、こういったメリットがあります。

16タイプパーソナルカラーの色の特徴

それでは、4シーズンを16分割した色グループとその特徴をそれぞれ説明します。

図の中の□内が一番の特徴になります。

スプリングを4分割

スプリングの色グループになります。

  • あわいライトスプリング
  • 明るいブライトスプリング
  • とても鮮やかなビビッドスプリング
  • 黄みが強いウォームスプリング

サマーを4分割

サマーの色グループになります。

  • あわいライトサマー
  • 明るいブライトサマー
  • くすみの強いミューテッドサマー
  • 青みが強いクールサマー

オータムを4分割

オータムの色グループになります。

  • くすみの強いミューテッドオータム
  • 色味の強いストロングオータム
  • 濃いディープオータム
  • 黄みが強いウォームオータム

ウィンターを4分割

ウィンターの色グループになります。

  • 澄んだクリアウィンター
  • とても鮮やかなビビッドウィンター
  • 濃いディープウィンター
  • 青みが強いクールウィンター

以上、「16タイプカラーメソッド®」の色グループとその特徴になります。一つの色グループのつき、4色ずつ紹介しましたが、実際はもっと沢山の色がございます。

一つのシーズンといっても、「鮮やかな色」「明るい色」「黄み・青みが強い色」など、様々な特徴を持つ色グループがあることを感じてもらえたと思います。

16タイプパーソナルカラー診断では、様々な色グループの中なら似合う色の特徴が見つかります。4シーズン・パーソナルカラー診断で判断が難しい人でも、似合うタイプがわかります。

また、1番目に似合う色と2番目に似合う色を異なるシーズンから選ぶため、似合う色の領域を広げることができます。

色選びの幅が広がる診断ですので、一度診断を受けてみるのはいかがでしょうか。

以上、『16タイプパーソナルカラーとは?【似合う色の特徴とセカンドシーズンがわかる】』の記事でした!

※こちらの記事は、「16タイプカラーメソッド®」開発者である株式会社ラピスの花岡ふみよ先生(ラピスアカデミー校長)に記載の許可をいただいております。