パーソナルデザイン診断 10/25 0時より【12/1~1/11】分のご予約開始!

【図解】骨格診断とは?骨格3タイプの特徴を徹底比較

最近、雑誌やネットで骨格診断が話題ですよね。

  • 骨格診断って何?
  • どんな骨格タイプがあるの?

本日は、「骨格診断の基礎知識」について解説します。

自分の骨格に似合う服を選ぶためには、まず骨格タイプの特徴を知ることが重要です。

本記事でそれを知ってもらえれば、服選びに活かすことができます。

サキエルちゃん
こんにちは、サキエルちゃんです♡

twitter(@sachiel_chan)

骨格診断とは?

骨格診断とは、顔から下の「骨・脂肪・筋肉・質感」をプロのアナリストが触診し、どの骨格タイプなのかを診断する手法です。

骨格は「ストレート」「ウェーブ」「ナチュラル」の3タイプあります。

それぞれの特徴は、後程説明します。

骨格タイプを知るメリット

こんな経験ありませんか?

  • 買った服がなぜか着痩せして見える
  • 逆に、買った服が太って見える

同じような体重の人でも、その人の骨格によって、スタイルが良く、逆に悪く見える服があります。

骨格タイプを知るメリットは、「自分のスタイルを良く見せる服を選べるようになること」です。

着痩せ効果や脚長効果が得られます。

骨格診断は、スタイルアップに最も効果的なイメージコンサルティングの手法だと思っています。

スタイルを良く(=着痩せ効果や脚長効果)見せる服を選べる

骨格の3タイプの特徴

骨格タイプの「ストレート」「ウェーブ」「ナチュラル」の特徴を説明します。

始めに各タイプの最大の特徴を説明し、その後に細かな体の部位の違いを比較します。

最大の特徴

ストレート

「ストレート」の特徴は、重心が上の方にあることです。

体が立体的で筋肉が付きやすく、上半身に厚みがあり、ウエストの位置も高めです。

グラビアイドルに多いタイプで、ふんわりと柔らかそうな愛されボディです。

ウェーブ

「ウェーブ」の特徴は、重心が下の方にあることです。

体の厚みが薄く、ウエストの位置が低めです。

人は上半身で相手の印象を決めるため、そこが細いウェーブタイプは、華奢で痩せて見えます。

ナチュラル

「ナチュラル」の特徴は、体に骨感を感じ、しっかりしているです。

腰の位置は高く、体にフレーム感があります。

パリコレモデルに多く、「かっこいい」イメージです。

体の部位の違い

体の部位の違いをまとめました。

順番に見ていきましょう。

鎖骨

まず、鎖骨の違いになります。

鎖骨
ストレート 目立たない
ウェーブ 細く、目立つ
ナチュラル 太く、目立つ

胸板

次に、胸板の違いです。

胸板
ストレート 厚い
ウェーブ 薄い
ナチュラル 厚みより、骨が目立つ

正面から見た部位

正面から見た部位の違いになります。

骨格タイプによって、各部位の高さや幅が異なります。

アンダーバスト~ウエスト位置までの長さ
ストレート 短い
ウェーブ 長い
ナチュラル 中間
正面から見たヒップ幅
ストレート 狭い
ウェーブ 広い
ナチュラル 中間

横から見た部位

最後に、横から見た部位の違いです。

こちらも、各部位の高さや厚みに違いがあります。

バストトップの位置
ストレート 高い
ウェーブ やや低い
ナチュラル 中間
横から見た厚み(※詳細を後述
ストレート やや厚い
ウェーブ 薄い
ナチュラル 中間
ウエストの位置
ストレート 高い
ウェーブ 低い
ナチュラル 高い
ヒップトップの位置
ストレート 丸みがあって高い
ウェーブ 低い
ナチュラル 平たくて高い

このように、骨格タイプで、部位の厚みや幅、高さが異なってきます。

特徴をまとめると、こんな感じです。

  • ストレート:
    上半身が厚く、部位の位置が高い
  • ウェーブ:
    上半身が薄く、部位の位置が低い
  • ナチュラル:
    上半身に骨感があり、部位の位置は中間

体の厚みの違い

先ほど、体の部位の違いの中で、骨格タイプ別の横から見た厚みを見ました(表の※箇所)。

この部分をもう少し詳しく説明します。

肋骨の下付近を輪切りにして、断面で見ると、各骨格タイプはこのようになっています。

  • ストレート:
    横幅が細いが、厚みがある
  • ウェーブ:
    横幅があるが、厚みが薄い
  • ナチュラル:
    横幅も厚みも、中間くらい

骨格タイプによって、横幅と厚みの比率が違うってことですね。体の厚みには、このような違いがあります。

この比率は、太っても痩せても変わりません。

これは、骨格タイプというものは、太っても痩せても変わらないことを意味します。

このように、同じ人間でもこんなに違いがあります。

生まれ持った骨や脂肪、筋肉の発達は人それぞれ異なります。

これだけの違いがあれば、もちろん似合ってくる服も違ってくるわけですね。

骨格診断は、似合う服を見つけるツールの一つとして昨今人気が高まっています。

誰だって、太って見えるのは嫌ですよね?

自分の骨格タイプを知って、ファッションを楽しもう!

骨格タイプを知った後、どうやって活用していけばいいか、これからブログで紹介していきますね。